遠距離恋愛の難しさとそこで分かること

私は今まで一度だけ遠距離恋愛をしたことがあります。その当時私は22歳の時で相手は18歳の子でした。当時私は社会人でしたが、彼女は高校3年生でちょうど進学を希望していました。彼女は専門学校に行くことになり遠距離恋愛がスタートしました。それまではほとんど毎日会っていましたので、遠距離が始まると普段いるものがそこにいない孤独に物凄く寂しさを覚えていました。彼女も同じ気持ちだったらしく、ほとんど毎日メールや電話のやり取りをしていました。それから半年経過した頃になって彼女からの連絡が少なくなり、また一回も連絡がない日も増えました。学校で忙しいのかなぁと考えていましたが、そこに1通のメールが届きました。

 

それは好きな人ができたので別れて欲しいという一言でした。私は一瞬頭が真っ白になり彼女にすぐ電話をしましたが、電話に出てくれません。それから1週間後くらいに彼女から電話がありました。別れて欲しいの一点張りで会って話すことも拒絶されました。彼女の強い気持ちで私は別れを決意しましたが、それと同時に遠距離恋愛の難しさを痛感しました。すぐ会いにいくこともできないくらい遠い場所でしたし、電話での別れはものすごく後をひきます。吹っ切れるまでには1年近くかかりましたが、ある意味勉強にもなったと思います。
遠距離恋愛では通販が唯一のなぐさめででした。
もしネットショップで商品を購入するならこちらを参考にしてみてください。
eストアーショップサーブ評価サイト

 

遠距離恋愛の難しさを知ることもできましたし、また遠距離恋愛をすることでどれほど自分が彼女を好きだったかということも分かりましたので、後悔はしていません。